配管チーム

Piping Sec.

We propose piping that can be said to be a ship's blood vessel in various forms.

S__4276285.jpg

​船の動脈を作っていくために

パワフルなディーゼル機関を海水冷却するため絶対必要とする船舶の配管構造。海水がうまく通っていないとエンジンは熱を帯びさらには焼け付きを引き起こします。今ではエンジンのみならず、プロペラシャフトや舵軸に搭載されるシールスタン構造にも海水を必要とします。それはまさに船の動脈に値します。

配管チームは古くなった配管を精密に計測し、同等同型のパイプラインを精度の高い技術で製作します。たとえライン配置を変えるという指示があっても効率の良い配置をご提案します。

​上架するすべてのユーザーがその美しい配管技術を実感する事でしょう。

​配管事例

あらゆる個所に存在する配管

S6R2-T2MTK3.jpg

​機関冷却排気用

船に搭載のディーゼル主機関/補機関は基本は海水冷却。船底弁から取り入れた海水をフィルターでろ過してエンジン内部に取り込み冷却を行います。

​熱くなった海水は船側にある排水ラインより船外へ勢いよく放出されます。

​また、エンジン稼働中に発生する排気ガスも配管ラインにより船外に放出されます。

S__4276316.jpg

汚水処理配管

客船、作業船等長時間海上を航海する船舶に必要不可欠なトイレ。

​船底弁から取り入れた海水を利用して便器洗浄を行います。汚水配管は詰まりも考慮しなるべく曲げず直線的なラインを構築します。

S__4276329.jpg

清水配管

船に設置してある清水タンクより真水を供給するために配管されるライン。この配管は、キッチンのみならずシャワーや浴槽などの給湯設備や作業用水配管にも応用されます。海水ラインとは違い、タンクからの配管となるため必要階層まで延長したり、狭いところを配管したりと複雑に入り組んでいるといえます。

S__4292629.jpg

シャフト配管

最近の主流となっているシールスタン設備。常時回転しているプロペラシャフトの焼き付きを防止するため海水を注水しながら軸封しています。

​海水ラインは様々な個所で応用されています。

その他配管チーム対応品として、船にまつわるすべてのパイプラインにおける新規製作/修理に精通しています。

・スカッパー(雨どい)
・燃料配管
・手すり
・ビット
・各種ゲート
・油圧ライン
・エア抜き
・パッケージ発電機用排気管
・パッケージ発電機用燃料配管
​・高圧配管  他

​お問い合わせまたはご相談がございましたら弊社営業担当にお問い合わせください。

持ち込み/出張工事にも対応

通常、船を上架して修繕を行いますが航海中の予期せぬ破損やトラブル、また係船するための桟橋修理にも対応しています。様々な条件下で起こりうる事案に対して緊急で対応する事で大事に至らないよう緊急対策プログラムも想定しています。社内ネットワークを活用した上架予約プロファイルを外部でも呼び出すことができるため、最短のドックスケジュールもその場でご提案可能です。

​また、取り外せる部品であれば、当社にお持ちいただければ同等品を製作後最速で引き渡しが可能です。