田熊造船株式会社の歴史

1872年

(明治5年)

創業者の「政七」が現在の金山地区に作業場を作り造船業を開始。

当時は洋式帆船が往来し、修繕できる職人はめったにいなかったが、積極的に受け入れ態勢を

とり、洋式化に力を入れる。

1912年

(大正元年)

この時代になると、洋型船の注文が殺到。事業は急展開を見せ造船メインの業務を遂行した。

1940年

(昭和15年)

第二次世界大戦のさなか、日本は石炭需要の影響で石炭運搬船の新造が盛んになる。

1950年

(昭和25年)

「有限会社田熊造船」という法人名で会社組織を立ち上げる。

1963年

(昭和38年)

「有限会社 田熊造船所」として、現在の瀬戸の浜を拠点とする展開を見せる。

1964年

(昭和39年)

現在までの”木船”の時代から、新しい幕開けである待望の”鋼船製造”を始めることとなる。

2016年

(平成28年)

今までの会社組織を拡充するため、エンジン担当法人や塗装担当法人などとホールディング合併を行い、今までと比べユーザーが使いやすい造船所をめざし組織改革が施行される。

2018年

(平成30年)

長年続いた法人格の有限会社から「株式会社」に組織変更し、資本金を増資。 新法人:田熊造船 株式会社 が新たにスタートしました。